So-net無料ブログ作成
こんにちは。きてくださってありがとうございます^^。
前の10件 | -

7-8月に行った展覧会 [アート]

不染.jpgお久しぶりです。
7-8月の記録です。あまり展覧会いけなかったな、、、まず、不染鉄展から紹介します。
没後40年 幻の画家 不染鉄展 ~暮らしを愛し 世界(コスモスを愛した)~@東京ステーションギャラリーを見に行きました。(もう終わってしまいましたが。)
不染鉄は小石川の光円寺にうまれ、日本画を学んでいたが、写生旅行先の式根島に住み着き、その後京都市立絵画学校に入学。才能を評価されるも、戦後は画壇を離れ作品を描き続けるという自由な人でした。四季折々の山や人里、富士と海の波、日常の風景などが印象的でした。俯瞰的なところととても細かいところがあって面白いです。上ポスターは山海図絵 1925。

思出の記.jpgこういう古い感じの家に郷愁を感じます。左は思出之記 田園 1927。

自転車.jpg君は少しさびてところどころはげているが私も裸になれば同じさ。友達だねえ。、、みたいなことが書いてあって人柄を感じました。左は古い自転車 1968。 そう、時々ついているコメントが味があるんです。

レオナルド ミケランジェロ.jpgもう一つレオナルドダ・ヴィンチ ミケランジェロ展@三菱一号館美術館に行きました。
上の絵がダ・ヴィンチ 少女の頭部 1483-85 下の絵がミケランジェロ レダと白鳥の頭部のための習作です。。

ミケランジェロ.jpg背を向けた男性裸体像 1504-5 人体表現はミケランジェロの作品がよかったです。。

レオナルド.jpgダ・ヴィンチ 老人の頭部 1510 1515頃。人相学に興味があったというダ・ヴィンチの人物の顔は魅力的。。

馬.jpg 馬の前脚の習作 スフォルツァ騎馬像のための習作 1940 ごろ、 馬、きれいでした。
ミケランジェロもレオナルドダ・ヴィンチもさすがでした、いろいろな素描が見れて楽しかったです。
 
DSC_0509.jpgワンも元気です。(写真付けました)


あしあと(65) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5月に行った展覧会 [アート]

自画像.jpgもう終わってしまった展覧会ですが、3つの展覧会記録します。まずは、シャセリオー展@西洋美術館。左は自画像 1835 すごい16歳。

 シャセリオ-.jpg異才シャセリオー(1819-1856)は37歳の短い生涯の中で古典主義から始まり独自の世界を作ってエキゾチックな作品をいくつも残しています。モローやシャバンヌなどが影響をうけたようです。すごくよかったです。私は人物像がとても気に入りました。左はカバリュス嬢の肖像 1848

ミューズたち.jpg次の展覧会はオルセーのナビ派展@三菱一号館美術館。ナビ(ナビとは預言者の意味)派といえば、ボナール、ヴァイヤール、ドニ、などですが、19世紀末のパリで前衛的な活動を行ったとのことです。ゴーギャンから影響を受けています。女性や子供の絵、庭の絵、など近代都市生活を平坦な色と装飾で神秘的に描いています。ナビ派ってきちんと見たことはなかったのだけどなかなか面白いなあと思いました。左はモーリスドニ ミューズたち 1893

バベル.jpgもう一つの展覧会はボイマンス美術館所蔵「バベルの塔」展@東京都美術館。これはこの絵を見るために行ってきましたが、、、。バベルの塔に書いてあるであろう人々はどう目をこらしても、絵に近づける範囲からはみることはできませんでした;;これはテレビでみたほうが面白かった。教会へ並ぶ人や、塔を作る人が精密にえがかれていてバベルの未完成な塔でありながら下の方では生活が営まれている不思議な絵らしいのですが。
他の絵も細かいところに工夫が凝らしてあったりするものが多く、すごく混んでいるわけではなかったけれど、よく見えない~という感じでした。左がピーテル・ブリューゲル1世 バベルの塔 1568

わん.jpg雑にまとめましたが、そんなかんじでした。行きたかったけどいけなかったのはミュシャ展でした。もう6月も終わるんですね。6月は展覧会いけませんでした。なんだか湿気が多い日々ですね。
あしあと(65) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

蜜蜂と遠雷 [本]

チューリップ.jpgチューリップが無事に咲きもう終わりかけています。桜も3月21日開花、2日が満開で今はらはら散っています。シンビジウムはかなりの数つぼみをつけたのですが思わぬ寒さが来たため対策が遅れちょっと少なくなりましたがこちらも無事咲いて今も咲いています。文化活動が滞っています。が、何冊か本を読みました。読んだ本すべてブログにあげようかと思った時期もありましたが、自分の好みで感動した本をいくつか書くことにしました。最近はいいかなと思うとその作者の作品をさかのぼって読んだりしています。今回何冊か。

蜜蜂.jpgまず、直木賞をとった時点で読んだのですが本屋大賞も取りましたね。 恩田陸 蜜蜂と遠雷 恩田陸さんとても音楽に造詣が深いのですね。ピアノコンテストをめぐるいろいろな人の物語です。ピアノ好きにはたまらないでしょうそうでなくても面白いと思います。出てくる曲で知らないのがあると聞いてみたくなります。彼女のだいぶ前の作品ですが 真夜中のピクニック 積読からとりだしてきました。

クローズド.jpgあと印象的だったのがちょっと前の作品で映画にもなったようですが、雫井脩介 クローズドノート。万年筆についてのところが面白くて自分でも万年筆が使いたくなりました。クローゼットで見つけたノートによって、日常が変わっていきます。最後に作者が書いた欄を読んでほんとに感動しました。昔印象的だった 犯人に告ぐ を書いた作者がこんな本も書くのかと思いました。
さて、今回彼の本を読んだ初めは 望み でした。望み は息子が行方不明になった家族の話。辛いのだけれどどうなるのかと読んでしまいます。あとは つばさものがたり も読みました。パティシエールの物語だけど、ちょっとやっぱりちょっとせつなさがありますが温かいストーリ―でよかったです。

わん.jpgわん元気です。でも散歩量が減ってます。最近30分あるくと歩いた方だなあと思います。全力疾走は私でも追いつかないくらいに走れるのはうれしいですが。椅子に飛び乗るのは時々失敗します。
あしあと(90) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あけましておめでとうございます。 [年のはじめ、目標、まとめ]

DSC_0495.jpg新年あけましておめでとうございます。昨年はお世話にになりました!今年もトーハクの博物館に初もうでにいってきました。和太鼓も見てきました。批魅鼓は女性を中心とした和太鼓グループで前にもトーハクで見たことがあり前と同じかと思ったら男性もいてより力強く、演目も前とだいぶ違ってとてもよかったです。
そして今年のいけばなは上のようなまた今年も斬新なものでした。

DSC_0498.jpg酉にまつわる作品は盛沢山でとても満足でした。右は見ずらい写真ですが若冲の松梅軍鶏図屏風(1760-1800)から。海北友雪の花鳥図屏風も見ることができて幸せでした。
そして毎年恒例寛永寺根本中堂特別拝観でお参りしてきました。


image.jpgさて、昨年は記事のアップが途中から滞っておりました。最後に見た美術展はデトロイト美術館展@上野の森美術館でした。モネ、ルノワール、ゴッホ、セザンヌ、マティス、ピカソ、とポスターにはかいてありましたが、本当にいろいろな画家の作品が見られてとてもよかったです。右はクロードモネ グラジオラス 1876頃


読書は年末最後に読んで印象的だったのは直木賞受賞作、海の見える理髪店 荻原浩でした。

昨年は私の文化活動少しすくなかったです^^

DSC_0483.jpg庭ではうちでは咲くといいことがあると信じているシンビジウムが結構多くつぼみができているし、いい年になると信じて頑張っていこうと思います。今年も昨年に続き少し忙しくなりそうですが今年もマイペースに何事も楽しむことを忘れずにいたいと思います。
今年もよろしくお願いいたします。皆様にとって良い年でありますようお祈り申し上げます。皆様のブログにもまたお邪魔させていただきますね!
あしあと(91) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

モネ、ゴッホ、ピカソらと大正時代の若き洋画家たち [アート]

ピサロ.jpg動き出す!絵画 ペール北山の夢 モネ、ゴッホ、ピカソらと大正の若き洋画家たち@東京ステーションギャラリーを見に行きました。久しぶりの美術館に心がほっくほく。ペール北山こと北山清太郎は大正の洋画家たちを支援した人で、ペールタンギーになぞらえてあだ名が付いていたらしいですが、アニメーションの誕生にも関わっているのでちょっと変わった展覧会の題名になってます。初期アニメーションも最後に上映していますが、西洋美術少しと日本近代の洋画がたくさん見れて楽しかったです。左はカミーユ・ピサロ ルーアンのエピスリー通り、朝、雨模様 1898

カルピス.jpg左は中村彝 カルピスの包み紙のある静物 1923 

藤島武二、岸田劉生(麗子像ももれなく見られる^^)、萬鉄五郎、、、いろいろな作品がありました。。
  
あざみ.jpg川上涼花 あざみ 1914 彼は若くして亡くなっている上に作品が大戦で焼けて少ないそう。

わん.jpgワンは手足の先の毛が長くなっていることに気づいて爪と一緒に切ってもらったらなんか喜んでいました。(もともとプロのお医者さんとかトリマーさんにかまってもらうのが好きなのです。)涼しい(というかちょっと寒いけど)気候があっているのか、ちょっとだけ散歩も長くなったり食欲も出たりと私は嬉しいです。
ところでもともとテレビはよく見る方ですが源ちゃんガッキードラマと校閲ドラマ見ちゃってます~。ブラタモリもみてます~。
あしあと(70) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エミール・ガレ & パコ・デ・ルシア [アート]

ガレ.jpgエミールガレ@サントリー美術館、オルセー美術館特別協力生誕170周年。行きました。ガレの作品初めてじっくり見ました。植物や昆虫などをモチーフにしたものが多いですが、美しいなかにも、植物や昆虫にすごくリアリティがあって斬新だなあと思いました。あと、文学にも造詣が深かったこと、異国の作品の影響、面白く拝見しました。
左は昼顔形花器「蛾」1900年

パコ.jpgパコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト。2014年66歳で亡くなったパコの音楽ドキュメンタリー映画です。フラメンコギターを十二分に満喫できる作品でした。フラメンコギターというと私は彼が思い浮かぶのだけれど、実は彼はフラメンコの伝統芸術に革命を起こし、ジャンルを超えてジャズ、フュージョンと活躍を広げた人でした。
早弾きとテクニックはすごいです。


あしあと(80) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ポンピドゥー・センター傑作展&ルノワール展 [アート]

30.jpg先月行った美術館の記録です。まずポンピドゥー・センター傑作展@東京都美術館。1906-1977まで1年1作品で紹介されています。中でも印象に残ったのが左のカンディンスキー≪30≫1937でした。ピカソ、ビュフェ、マティスなどなど20世紀の作品がもりだくさんでした。デュビュッフェなどもあって、面白かったです。

ルノワール1.jpgルノワール展@国立新美術館へも行きました。ルノワールは暗い作品は描かなかったので楽しく鑑賞できます。左はムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会 1876。日本で初めて展示ということでした。 草原の坂道 1875 や ぶらんこ 1876 などもよかったです。

先月はこの2つの展覧会へ行けて満足でした。

アガパンサス.jpgさて、今はもう満開をすぎてしまいましたが、アガパンサス、去年日陰の方へちょっと移したらまったく咲いてくれなかったのですが、今年は日向に戻した途端みんな咲いてくれました^^よかったです~。そして、先月やったことといえば迷ったのだけれどもWindows10にしてしまいました。その後特にトラブルもよくなったこともないです。

ワン.jpgワン、最近散歩が短くなってきました。外に行くと暑さにもちょっとまいっている様子です。


あしあと(85) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

羊と鋼の森  その他 [本]

羊.jpg4月ですが、本屋大賞に決まった!とあわてて買ってきて読みました。宮下奈都さんの羊と鋼の森 です。非常に読みやすい美しい小説です。私には絶品でした。
調律師さんの成長物語。音を題材にこんなきれいな言葉が紡ぎだせるなんて素敵。小説でしか表現できない世界。音や景色が心にうかびました。なんだかピアノが弾きたくなります。才能と向き合う厳しい世界や、顧客の要望をくみ取る難しさに共感したりもしました。

エマオ.jpgやっぱりGW前ですが、とある日、若冲展を見ようと思って行ったら会期前でした;;(その日は見る予定ではなかったカラヴァッジョ展に行きました。)その後行きそびれているとNHKやら他局やら宣伝かねた番組いろいろやっていましたね、GW後行ってみたら長蛇の列、数時間待ち、びっくり。あきらめました。ソネブロでは見に行った方ちらほらいらっしゃいますね!
あ、でも、カラヴァッジョ見てよかったです。今まで荒れた生活してた殺人者という先入観があって作品をちゃんと見たことなかったのだなあと思いました。とびぬけた繊細な表現力でした。カラヴァッジョはイタリアでは紙幣になっていたようですね。
上は エマオの晩餐 1606 カラヴァッジョ

上越.jpgGWは上越の親戚の家へ行きました。
親戚の家の周りは年々過疎化しています。一方田んぼや杉林は宅地化でかなり少なくなっていたり。新幹線ができて人の流れも変わってきている様でした。小さい時から知っている親戚の子も高校生。時のたつのは早いです。
東京でも親戚の2歳~4歳の子と会い子供相手に全力投球してました。
子供っていうけれどそれぞれみんな一人前ですね。子供の発想に学ぶことも多いです。
たぶん子供は自分のこと子供って思っていないのかも。ワサワサ過ごしたGWでした。
しばらくUPしていなかったので、4月からGWまでの事を書きました。気が付くともう5月も半ばなのですが~。

あしあと(96) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

暖かくなってきました。 [園芸]

さくら.jpgこれはもうだいぶ前ですね。朝の散歩で撮ったソメイヨシノです。もう今は葉桜になっています。

クンシラン.jpgクンシランは3鉢咲きました。今もきれいです。

クレマチス.jpgクレマチスは毎年きれいです。一期咲きですが、この時期これだけたのしめればいいかなあと。

ふじ.jpgふじ。この頃毎年咲いてくれます。うれしいです。

サフィニア.jpgびっくりしたのが、サフィニア。去年の夏、かなり楽しめたのでもう終わりかと思っていたら今年も、そしてもう咲いています。

花.jpgこれはなんだったかな。

ワン.jpgワンは、小さいポツっとしたものができて生検してもらったら良性腫瘍でした。でも小さかったのでかなり楽に取れました。様子見です。ワンは一月で九歳だからいいおじさんのなのです。

本は結構新刊出ると読んでいるのだけれど、最近読んで良かったのは、小松とうさちゃん 絲山秋子さんの本です。さえない非常勤講師とネットゲームにはまってる飲み友達おじさん二人がおもしろくて。恋愛小説でもあるのだけれど、なんか哀愁あります。
美術館、映画館にはとことん行きそびれております~。行こうと思ったら終わってるパターン。かなり悲しい。

それにしても熊本心配です。

あしあと(101) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります [映画]

 eiga.jpgニューヨーク 眺めのいい部屋売ります
ブルックリンを一望できる五階の部屋に住んで40年の夫婦(モーガン・フリーマン&ダイアン・キートン初共演)。しかしこのアパートメントにはエレベーターがないのです。そこで、転居するために一念発起して、、、。ほほえましく心温まる映画でした。そしてワンコちゃんドロシーがかわいいのです。老若男女問わず素敵な映画だと思います。

image1.jpgあとは最近の読書の記録。
金魚姫 荻原浩
ブラック企業に勤めている潤、ある日金魚を持ち帰ったら金魚が化身となってあらわれます。この設定って、、、って思ったけれど、いちど世界に入り込んでしまったら一気に読んでしまいました。切ないでもあたたかい小説でした。

image2.jpgあこがれ 川上未映子
ちょっと複雑な家庭に育っている麦彦とヘガティー。さまざまな憧れをもって突っ走っていく子供の純真さと子供だけれどおとなびたところ、面白かったです。川上さんの文章一文が長くて独特ですね。

image3.jpg院内カフェ 中島たい子
病院のカフェを中心に展開していくお話。いくつかの話があります。でも印象的だったのが中年夫婦、朝子と隆昭。朝子は実家の親の介護でつかれたら今度は夫が難病になってしまうのですが、朝子が夫に書く手紙、深い。重いはずの内容を軽いタッチでえがいています。

あとは滝口悠生さんと本谷有希子さん芥川賞の作品読んでみたけれど前者は視点がぼやけてて(だからいいのかもしれないけど、)後者は感覚についていけず、あまり好みではなかったです~。

image4.jpg日本、遥かなり 門田隆将 
ノンフィクション。イラン・イラク戦争、湾岸戦争、イエメン内戦、リビア動乱、、有事の時の日本人救出が日本では昔も今も難しいということを語っています。政治的な事は良く分らないけれど日本にはこんな一面があるのかなと気づかせてくれた一冊。元新潮記者ということで雑誌を読むよう、しかし綿密な取材によっています。
 
わん (2).jpgワンの横顔。
あしあと(95) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。